浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット遺跡

京田辺まるごと検索!

おすすめ観光地検索

あなたのオススメ観光地をご紹介ください!投稿はこちら

8件該当しました

1

ゴロゴロ山古墳 (ごろごろやまこふん)

古墳の別名を、茶臼塚、釈迦山古墳とも呼ばれている。 飯岡丘陵のほぼ中央、頂上近くに位置する古墳時代中期のもので、南山城地方を代表する、大きな円墳(現在、前方後円墳とする説もある)である。すでに盗掘にあって、遺物は何も残って…

トヅカ古墳 (とづかこふん)

円墳 直径22m、高さ3m 墳頂部には、竪穴式石室に使われていた石材が散乱、明治7年発掘の際、銅鏡3面、刀剣、馬具、管玉などが出土している。(現在京都国立博物館に保管)なお、墳上には、「神魂丘旧蹟」の石標がたつ。古墳の現況…

松井横穴古墳群 (まついよこあなこふんぐん)

松井向山付近(浄土宗来迎寺うらの竹林の中)には、古墳時代終末期(6世紀末〜7世紀前半)に造営さえた横穴墓群が存在する。山城地方で横穴が存在するのはこの地域に最も多く、大住から八幡市にかけて分布している。かつてここには20〜3…

大住車塚古墳 (おおすみくるまづかこふん)

5世紀初期(古墳時代中期)につくられた前方後方墳、智光寺山古墳(ちこんじやまこふん)とも呼ばれている。全長66メートル・前方部は幅18メートル・同高さ1.5メートル、後方部は一辺の長さ36メートル・同高さ4.5メートル。古墳の周りに…

天神山遺跡 (てんじんやまいせき)

普賢寺谷入口の北側、標高80メートルの丘陵地の南北90m、東西60mの平坦地に、弥生時代後期の集落跡が残されている。水際での生活から、川に沿って山を開き集落を形成していったといわれ、20軒以上の竪穴住居跡が発見されている。また…

飯岡横穴 (いのおかよこあな)

飯岡丘陵の南東斜面に位置し、かつては2基あったという。 花崗岩の地山をくりぬいて作られている点に特徴がある。 昭和53(1978)年の発掘調査で、古墳内部の床面から古墳時代後期の須恵器(すえき)がみつかったが、平安時代に再利用さ…

飯岡車塚古墳 (いのおかくるまづかこふん)

前方後円墳 長さ81m、後円部の直径60m、前方部の幅は45m、高さ4.5m、竪穴式石室で明治35(1902)年発掘の際に石釧、車輪石、鍬形石、勾玉、管玉など、多くの玉石製品が出土した。古墳の表面は葺石(ふきいし)でおおわれ、周りは埴…

薬師山古墳 (やくしやまこふん)

円墳 直径40m、高さ6m 墳頂部に江戸時代の石仏を安置した薬師堂があり、「桜井王古墳」(椀子王の子)の石標がある。

 


本ウェブサイトに掲載されている写真・記事の無断転載を禁じます。


一般社団法人京田辺市観光協会

〒619-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3

観光情報の問合せ   電話 0774-68-2810 (京田辺市駅ナカ案内所) 【年末年始除く通年営業】

協会事務局への問合せ 電話 0774-68-2801 (京田辺市観光協会事務局)【年末年始・土日祝休】