浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット

京田辺まるごと検索!

おすすめ観光地検索

あなたのオススメ観光地をご紹介ください!投稿はこちら

178件該当しました

1 2 3 4 5 6 7 8 9

普賢寺ふれあいの駅 (ふげんじふれあいのえき)

住所:京都府京田辺市普賢寺小田垣内62

平成14年4月に、リニューアルオープン。水取(みずとり)、多々羅(たたら)、普賢寺(ふげんじ)、天王(てんのう)、高船(たかふね)、打田(うった)の地元農家85世帯の協力のもと、毎週開催される朝市。 京田辺市民だけでなく、…

普賢寺菜の花畑 (ふげんじなのはなばたけ)

住所:京都府京田辺市普賢寺

春、観音寺へ続く桜の参道の両脇には、一面に黄色い花を咲かせる菜の花畑がある。桜並木と並んで人びとを魅了するこの菜の花畑は、地元有志と観光協会との共同事業として平成12(2000)年に登場。毎年花見ウォークの会場になるな…

舞ヶ辻跡 (まいがつじあと)

豊田翁の碑 (とよたおうのひ)

飯岡は木津川の千貫岬に大岩があるため、村人は旱天に悩み、洪水に苦しんでいた。豊田武兵衛はこれを憂い、宝暦13(1763)年に用水路計画に着手した。千貫岩は安永元(1772)年に打ち抜かれ、ここに万年樋が完成。残る工事は平坦部だけとな…

鉾立の松 (ほこだてのまつ)

この地には昔から鉾立の松があり、俗に「はらまつ」と呼んでいたが、昭和20年代に枯死した。伝説では、この鉾立の松は神功皇后がここを通過したとき、行列の鉾が並んだ最後の地点であったという。先頭は、ここより南1.1キロメートルの地…

鉾立の杉 (ほこだてのすぎ)

古くは松であったが、いつの頃からか杉に変わり、村人たちは注連縄を巡らし大切にしてきたという。現在は三代目の杉が植えられている。この付近は南鉾立といい、北約1.1キロメートルの北鉾立にある「鉾立の松」とともに、神功皇后がここ…

防賀川マンボ (ぼうががわまんぼ)

赤いレンガづくりの見事な水路橋。かつて京田辺市には、大谷川、虚空蔵谷川、手原川、天津神川、馬坂川、防賀川、普賢寺川、遠藤川の八本の天井川があった。今ではさまざまな改修工事・宅地開発により、天津神川、馬坂川、防賀川の三本…

防賀川公園 (ぼうががわこうえん)

住所:京都府京田辺市 興戸 十曽

防賀川緑道の中間に位置し、 ”スポーツ” ”遊び” ”憩いの場”として幅広い年齢層の方が利用できる公園。

防賀川桜並木 (ぼうががわさくらなみき)

桜並木 梅、桃とつづいて京田辺の春を彩る桜。虚空蔵谷川畔の桜並木には、ソメイヨシノやオオシマなどがこぼれるように咲き誇り、地元愛護会によりぼんぼりや提灯でライトアップされ夜桜も楽しめる。また観音寺参道の桜は、周囲に菜の花…

万葉歌碑 (まんようかひ)

春草を 馬咋山ゆ 越え来なる 雁の使は 宿り過ぐなり[萬葉集、巻九] 泉河辺作歌と題し柿本人麻呂歌集出、泉河は今の木津川、「春草を馬」は咋山を導く序詞 古来咋岡神社背後の丘陵は咋山と称し、雁は手紙を運ぶ鳥であった&…

夢告地蔵 (むこくじぞう)

薬師山古墳 (やくしやまこふん)

円墳 直径40m、高さ6m 墳頂部に江戸時代の石仏を安置した薬師堂があり、「桜井王古墳」(椀子王の子)の石標がある。

両讃寺 (りょうさんじ)

住所:京田辺市大住八河原9

正式名称は發迎山 二尊院 両讃寺(はっこうざん にそんいん りょうさんじ)という。 宗派は浄土宗。 その昔「大住家友」という領主が近くの城山に住しており、この大住の地にあった阿弥陀堂の阿弥陀如来と釈迦堂の釈迦如来を篤…

蓮華寺跡 (れんげじあと)

かつては広大な敷地を持った寺院であったが、明治8年(1875)に廃寺となり、山本の寿宝寺に合併された。その際に寺の記録類を焼却したため由緒等は不明である。現在は寿宝寺にある聖徳太子立像は蓮華寺の本尊だったという。また一部のもの…

蓮池(興戸大池向かい) (はすいけ こうどおおいけ)

蓮は「蜂巣(はちす)」の略といわれ、花が散ったあとの花床の、種子の入ったたくさんの穴が、蜂の巣ににているところから。夏の朝に水面まで花茎を立て、明け方ごろに開花、午後3時ごろに閉じる。花の開閉を3日ほど繰り返したのち、4…

蓮池(同志社前駅裏) (はすいけ どうししゃまええき)

JR同志社前駅を降りてすぐの場所に広がる蓮池。明け方に開花し、淡いピンクの花で埋め尽くされる。見ごろは7月中旬?8月中旬。自由に見学できる。

六角承禎義賢の墓 (ろっかくじょうていよしたかのはか)

酬恩庵一休寺には佐々木承禎(しょうてい)の墓がある。佐々木六角義賢(よしたか)といい、入道して承禎と号した。足利義晴・義輝に仕えた戦国時代の武将で、晩年この地に住んだ。慶長3(1598)年3月14日歿。78歳。一休寺には佐々木一…

澤井家住宅 (さわいけじゅうたく)

住所:京都府京田辺市大住岡村55

戦国時代に近江の国佐々木六角氏の13代当主佐々木義賢の家臣であったが、主君佐々木氏が織田信長に敗れたあと、この大住の地に帰農し、享保17年(1732年)から曇華院所領地の代官を務めた家柄である。 入母屋造(いりもやづくり)で茅葺(…

 

京田辺市観光協会へのお問い合わせ
京田辺市の観光に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3
電話0774-68-2810 FAX0774-68-2817