浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット

京田辺まるごと検索!

おすすめ観光地検索

あなたのオススメ観光地をご紹介ください!投稿はこちら

178件該当しました

1 2 3 4 5 6 7 8 9

寿宝寺 (じゅほうじ)

住所:京都府京田辺市三山木塔ノ島20

慶雲元(704)年、天武天皇の時代に創建されたと伝えられる。古くは「山本の大寺」と称せられ、七堂伽藍の備わった大きな寺であったが、度重なる木津川の氾濫により、享保17(1732)年、現在の小高い地に移転。明治維新に際し近隣の寺々…

虚空蔵堂 (こくぞうどう)

住所:京都府京田辺市大住虚空蔵谷

承久3(1221)年に大住家友が建立。 地元の人には「こくぞうさん」の愛称で親しまれている。以前は法輪山葛井寺と呼ばれ、旧石碑により当時を偲ぶことができる。 足利義満の時代に兵火で寺は焼失したが、お堂だけが残り、現在に至る。 …

法華寺 (ほっけじ)

住所:京都府京田辺市大住岡村61

新寺歴  旧記を案じるに、中古、大日堂盛行庵と称し、醍醐三宝院の流派に属する真言密教の精舎として大住にその名を印しておりました。当時の本尊は「雷除けの大日如来」で、地域の信仰を集めていたようです。寛永15年(1638年)11月3…

来迎寺 (らいこうじ)

住所:京都府市松井里ヶ市12

永禄8(1565)年、道誉上人により開山されたと伝えられている。その後、法誉上人が寺を中興。本堂は延宝7(1679)年に大阪平野町の井上庄三郎氏の寄進によるものであり、平成9(1997)年に改装された、寄棟造(よせむねづくり)。ご本尊…

甘南備寺 (かんなびでら)

住所:京都府京田辺市薪山垣外61

奈良時代に僧行基(ぎょうき)によって開創されたといわれている。甘南備山にあった甘南備寺は、交通不便で保護も困難であったため元禄2(1668)年に現在の地に移された。もともと真言宗だったが、移転の際、黄檗宗に変わった。ご本尊で…

大徳寺 (だいとくじ)

住所:京都府京田辺市東西神屋63-1

元亀2(1571)年永春法印を中興開山として再興されたと伝えられる。もとは木津川畔にあったが川の氾濫により現在地に移り、村内安全の祈願場所として建立されたといわれる。ご本尊は、室町時代中頃につくられたとされる大日如来坐像。平…

法泉寺 (ほうせんじ)

住所:京都府京田辺市草内南垣内27-1

創建開基は不明。本尊十一面観音が草むらから現れたため、あたりを草内と呼ぶようになったと伝えられている。また、天長年間(824〜833年)の干ばつの際、この本尊に祈願したところ、清泉が湧き出したので法泉寺と号したという。このた…

酬恩庵一休寺 (しゅうおんあんいっきゅうじ)

住所:京都府京田辺市薪里ノ内102

とんちの一休さんのお寺として知られている酬恩庵(通称、一休寺)は、もとは妙勝寺といい、大応国師によって正応年中(1288-1293)に禅の道場として草創されたのが始まりである。その後、元弘の戦火にかかり荒廃していたものを六代の法孫…

大御堂観音寺 (おおみどうかんのんじ)

住所:京都府京田辺市普賢寺下大門13

天武天皇の勅願により義淵僧正が創建した。その後、聖武天皇の御願により良弁僧正が伽藍を増築し、息長山普賢教法寺と号し、十一面観音立像を安置したといわれている。 法相・三論・華厳の三宗を兼ね、七堂伽藍は壮麗を極めて「筒城の大…

極楽寺(天王) (ごくらくじ てんのう)

住所:京都府京田辺市天王大岩41

嘉暦年中(1326〜1328年)に仏念和尚によって開山、寛永18(1641)年に第一代生誉上人が中興。本堂は江戸時代に修復された。茅葺(かやぶき)、平屋建(ひらやだて)の建物であったが老朽化のため、平成18(2006)年に新築された。本堂…

極楽寺(高船) (ごくらくじ たかふね)

住所:京都府京田辺市高船里117

天正年間(1573〜1591年)、乗阿大空上人によって創建されたと伝えられる。本尊は阿弥陀如来座像。境内には鎌倉時代の作とされる五重石塔が二基と、石造卒塔婆がある。什宝として法然上人(ほうねんしょうにん)直筆の「六字名号」の掛…

藤木の渡し

JR京田辺駅 (じぇいあーるきょうたなべえき)

JR三山木 (じぇいあーるみやまきえき)

JR松井山手駅 (じぇいあーるまついやまてえき)

JR大住駅 (じぇいあーるおおすみえき)

JR同志社前駅 (じぇいあーるどうししゃまええき)

「左八はた よと」の碑 (「ひだり やわた よど」のひ)

淀と田辺の距離は約12qあり、陸路は大和街道であり、水路は木津川の舟便を使い、明治の終わり頃までは深いつながりをもっていた。特に江戸時代においては淀藩領も多くあった田辺地域は強い影響を受けていた。 この道標の近くには淀…

おんごろどん (おんごろどん)

古くから宮ノ口・江津区に伝わる農耕神事。「おんごろ」とはモグラのことで、農作物の大敵であるモグラを追い払い、その年の豊作を祈願する。  毎年、小正月の夜、数名の男児が、手にわらを芯にして縄を巻き付けた横槌と呼ばれる棒を持…

とんど (とんど)

毎年、市内各所で地域行事として行われている。地域住民の手により、小学校の校庭や運動公園などに青竹で7メートルほどの高いやぐらを組み、正月の注連縄(しめなわ)や門松などを藁と一緒に結びつけて火をつける。  みそ汁や善哉(ぜ…

 

京田辺市観光協会へのお問い合わせ
京田辺市の観光に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3
電話0774-68-2810 FAX0774-68-2817