浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット () > 極楽寺(天王)

極楽寺(天王)(ごくらくじ てんのう)




嘉暦年中(1326〜1328年)に仏念和尚によって開山、寛永18(1641)年に第一代生誉上人が中興。本堂は江戸時代に修復された。茅葺(かやぶき)、平屋建(ひらやだて)の建物であったが老朽化のため、平成18(2006)年に新築された。本堂前にある石造塔婆は表面上部に阿弥陀三尊の種子を表し、正中2(1325)年の年号が刻まれている。また昭和8(1933)年に国の重要美術文化財に指定された九重石塔がある。ご本尊に次いで脇本尊は鎌倉時代の行快(ぎょうかい)(快慶の弟子)の作といわれている阿弥陀如来像がある。九重石塔 寛正5(1464)年の造立銘が残っていることから、室町時代中期の作であることが分かっている。ただし、一番上の九つ目の石はあとから付けられたものである。 初重軸部には、月輪内に金剛界四仏(こんごうかいしぶつ)の東方の阿(あ)しゅく如来、南方の宝生(ほうしょう)如来、西方の阿弥陀如来、北方の不空成就(ふくうじょうじゅ)如来の梵字を表している。 高さ330センチメートル、材質は花崗岩。

このスポットの口コミを投稿する

スポットデータ

名 称 極楽寺(天王)(ごくらくじ てんのう)
住 所 京都府京田辺市天王大岩41
アクセス バス「天王」下車、徒歩10分

このスポットの口コミ

 

京田辺市観光協会へのお問い合わせ
京田辺市の観光に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3
電話0774-68-2810 FAX0774-68-2817