浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット () > 法泉寺

法泉寺(ほうせんじ)




創建開基は不明。本尊十一面観音が草むらから現れたため、あたりを草内と呼ぶようになったと伝えられている。また、天長年間(824〜833年)の干ばつの際、この本尊に祈願したところ、清泉が湧き出したので法泉寺と号したという。このため雨乞い祈願の農耕守護仏として今なお信仰されている。本堂は永禄2(1559)年に戦火を浴び、元禄12(1699)年に再建された。その後、昭和34(1959)年にも再建され現在に至る。重要文化財・十三重石塔や室町期様式の枯山水を復元した庭園、三宝荒神玉石塔も有名。十三重石塔 材質は花崗岩。高さ約6m、笠と軸部を一石で彫り、十三重に重ねるという様式です。 各重の笠の軒付が厚く、力強く反り返っている姿は、鎌倉時代中期らしい剛毅さと華やかさが感じられます。

このスポットの口コミを投稿する

スポットデータ

名 称 法泉寺(ほうせんじ)
住 所 京都府京田辺市草内南垣内27-1
アクセス 近鉄「興戸」駅から徒歩15分
電話番号 0774-62-0668

このスポットの口コミ

 

京田辺市観光協会へのお問い合わせ
京田辺市の観光に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3
電話0774-68-2810 FAX0774-68-2817