浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (石碑) > 郷倉跡

郷倉跡(ごうくらあと)




享保2年(1723)に淀藩の淀藩の領主となった稲葉家10万石の藩領として、市内には当時の川原村・北興戸村・南興戸村・草内村・高木村・天王村があった。
これらの領内からの年貢米を収める倉庫のことを郷倉とよび、この付近に建てられていた。年貢米を一度に城内へ搬入しないで、現地に保管しておくところであった。
このあたりの地名は領主稲葉家の名が残り「稲葉」という。

このスポットの口コミを投稿する

スポットデータ

名 称 郷倉跡(ごうくらあと)

このスポットの口コミ

 

京田辺市観光協会へのお問い合わせ
京田辺市の観光に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3
電話0774-68-2810 FAX0774-68-2817