浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット () > 虚空蔵堂

虚空蔵堂(こくぞうどう)




承久3(1221)年に大住家友が建立。 地元の人には「こくぞうさん」の愛称で親しまれている。以前は法輪山葛井寺と呼ばれ、旧石碑により当時を偲ぶことができる。 足利義満の時代に兵火で寺は焼失したが、お堂だけが残り、現在に至る。 ご本尊は、知恵と福徳にご利益があるといわれている虚空蔵菩薩。一説には京都嵯峨野嵐山にある虚空蔵菩薩の原像とも伝えられる。

このスポットの口コミを投稿する

スポットデータ

名 称 虚空蔵堂(こくぞうどう)
住 所 京都府京田辺市大住虚空蔵谷
アクセス バス「大住ヶ丘西」下車、徒歩10分

このスポットの口コミ

 

京田辺市観光協会へのお問い合わせ
京田辺市の観光に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3
電話0774-68-2810 FAX0774-68-2817