浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (遺跡) > 松井横穴古墳群

松井横穴古墳群(まついよこあなこふんぐん)




松井向山付近(浄土宗来迎寺うらの竹林の中)には、古墳時代終末期(6世紀末〜7世紀前半)に造営さえた横穴墓群が存在する。山城地方で横穴が存在するのはこの地域に最も多く、大住から八幡市にかけて分布している。かつてここには20〜30基ほどあったらしいが、現在は数基のみの確認である。現在は入口部の上部にある土砂が崩落した状態であり、いずれの墓も丘陵斜面に水平方向に掘られたものと考察され、平面形はほぼ「コの字形」で直立する奥壁をもつものが多く見受けられる。遺物は、須恵器の杯、高杯(たかつき)、金環(耳飾)などが出土している。

スポットデータ

名 称 松井横穴古墳群(まついよこあなこふんぐん)

本ウェブサイトに掲載されている写真・記事の無断転載を禁じます。


一般社団法人京田辺市観光協会

〒619-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3

観光情報の問合せ   電話 0774-68-2810 (京田辺市駅ナカ案内所) 【年末年始除く通年営業】

協会事務局への問合せ 電話 0774-68-2801 (京田辺市観光協会事務局)【年末年始・土日祝休】