浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (遺跡) > ゴロゴロ山古墳

ゴロゴロ山古墳(ごろごろやまこふん)




古墳の別名を、茶臼塚、釈迦山古墳とも呼ばれている。 飯岡丘陵のほぼ中央、頂上近くに位置する古墳時代中期のもので、南山城地方を代表する、大きな円墳(現在、前方後円墳とする説もある)である。すでに盗掘にあって、遺物は何も残っていないと伝える。 伝承では、継体天皇の椀子王の塚というが確証はない。継体天皇の筒城宮に近いところから伝説になったものと思われる。 古墳の直径は60m、高さは9m。墳丘頂部は直径20mの平坦地になっている。葺石の存在もあり、北東部には濠がめぐっていた跡がある。

スポットデータ

名 称 ゴロゴロ山古墳(ごろごろやまこふん)

本ウェブサイトに掲載されている写真・記事の無断転載を禁じます。


一般社団法人京田辺市観光協会

〒619-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3

観光情報の問合せ   電話 0774-68-2810 (京田辺市駅ナカ案内所) 【年末年始除く通年営業】

協会事務局への問合せ 電話 0774-68-2801 (京田辺市観光協会事務局)【年末年始・土日祝休】