浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット () > 甘南備寺

甘南備寺(かんなびでら)




奈良時代に僧行基(ぎょうき)によって開創されたといわれている。甘南備山にあった甘南備寺は、交通不便で保護も困難であったため元禄2(1668)年に現在の地に移された。もともと真言宗だったが、移転の際、黄檗宗に変わった。ご本尊である薬師瑠璃光如来坐像は、比叡山の僧・慈覚大師の作と伝えられ、高さ86?、一木造り、重厚味のある藤原前期のものである。「耳石」といわれる穴のあいた石を備えて病魔を退散させる風習がある。今昔物語の「山城の国神奈比寺の聖人、法華を誦して前世の報いを知りたる話」 綴喜郡の飯岡の西北に甘奈比寺という山寺があり、一人の僧が住んでいた。この僧は日頃からこの寺を去って、都の大寺に行きたいと思っていた。ついに行こうと決心した夜の夢に、この寺の薬師如来が老僧となって現れ、「汝の前世は、この寺の土中に住んでいたみみずで、法華経を毎日聞いた功徳によって、人間に生まれ代ってこの寺で法華経を誦している。この寺に縁のある身である…」ことを諭された。そこでこの僧は、生涯この寺に留まったという言い伝えが残っている。

このスポットの口コミを投稿する

スポットデータ

名 称 甘南備寺(かんなびでら)
住 所 京都府京田辺市薪山垣外61
アクセス バス「一休ヶ丘」下車、徒歩8分

このスポットの口コミ

 

京田辺市観光協会へのお問い合わせ
京田辺市の観光に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3
電話0774-68-2810 FAX0774-68-2817