浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (歴史) > ミツマンボ

ミツマンボ(みつまんぼ)




赤いレンガづくりの見事な水路橋。かつて京田辺市には、大谷川、虚空蔵谷川、手原川、天津神川、馬坂川、防賀川、普賢寺川、遠藤川の八本の天井川があった。今ではさまざまな改修工事・宅地開発により、天津神川、馬坂川、防賀川の三本だけが残っている。 この水路橋の下を列車が通過し、トンネルのようになっており、通称「マンボ」と呼ばれている。語源が何に由来するかは分かっていない。田辺小学校東側の線路に架かるマンボは三つのトンネルがあるためか「ミツマンボ」と呼び、親しまれている。

スポットデータ

名 称 ミツマンボ(みつまんぼ)

本ウェブサイトに掲載されている写真・記事の無断転載を禁じます。


一般社団法人京田辺市観光協会

〒619-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3

観光情報の問合せ   電話 0774-68-2810 (京田辺市駅ナカ案内所) 【年末年始除く通年営業】

協会事務局への問合せ 電話 0774-68-2801 (京田辺市観光協会事務局)【年末年始・土日祝休】