浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (神社) > 佐牙神社

佐牙神社(さかじんじゃ)




社伝では、573年に建てられたとされる。 2社からなる左右両殿同形式の本殿は、重要文化財である。 本殿は、重要文化財に指定。左右ニ殿からなり、ともに一間社春日造り桧皮葺、ただし、向拝は天明6年(1786)の後補である。 身舎(もや)三方にとりつけた6個の蟇股は、その輪郭は鎌倉風のものであり、内部の彫刻も左右対称的なデザインからなり、特に向かって右殿正面の「柏の葉」「ふくろう」のそれは鎌倉風の秀逸である。 平成14(2002)年に屋根の葺き替えとあわせて鮮やかな丹塗りが蘇った。

このスポットの口コミを投稿する

スポットデータ

名 称 佐牙神社(さかじんじゃ)
住 所 京都府京田辺市宮津佐牙垣内164
アクセス 近鉄「宮津」駅から徒歩10分 バス「三山木小」・「江車」下車、徒歩5分

このスポットの口コミ

 

京田辺市観光協会へのお問い合わせ
京田辺市の観光に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3
電話0774-68-2810 FAX0774-68-2817