浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (神社) > 朱智神社

朱智神社(しゅちじんじゃ)




仁徳天皇時代(313〜399年)に現在の地より西方の西峰山頂に創建、宣化天皇元(535)年この地に移されたという。延暦12(793)年に大宝天王と朱智天王を同殿に合わせ祀られた。貞観11(869)年、朱智神社の祭神として祀っていた迦爾米雷命(かにめいかづちのみこと)(牛頭天王ごずてんのう)が、祇園の八坂郷感神院(八坂神社の前身)に遷されたことから、八坂神社の元となる神社といわれている。貞観時代から続いた行事に、祇園祭のとき、朱智神社の氏子が奉じた榊を天王区の若者が八坂神社まで届ける「榊遷」という行事があり、現在では、行われていないが、その榊を受けて山鉾巡行を始めたと言い伝えられている。慶長17(1612)年に建てられた本殿は、京都府の登録文化財になっており、建物は一間社流造、屋根は桧皮葺で、向拝の木鼻や、蟇股には、桃山様式の華麗な彫刻が多く見られる。平成16年11月から1年6カ月を費やして屋根の葺き替えと彩色復元の修復事業が完成した。

このスポットの口コミを投稿する

スポットデータ

名 称 朱智神社(しゅちじんじゃ)
住 所 京都府京田辺市天王高ケ峰25
アクセス 近鉄「新田辺」駅から京阪バス「天王」下車徒歩15分
電話番号 0774-65-0315

このスポットの口コミ

 

京田辺市観光協会へのお問い合わせ
京田辺市の観光に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3
電話0774-68-2810 FAX0774-68-2817