浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (行事・体験) > 一休寺薪能

一休寺薪能(いっきゅうじたきぎのう)




 酬恩庵(一休寺)は、能と深い関わりがある。一休寺の墓地には、観世流の第三世が眠っており、総門前には世阿弥の娘婿であり、能役者・作者の金春禅竹が、一休和尚のために能を演じた場所と伝えられている。またこの地域が昔から「薪」という地名であったことから薪能の名称の由来であるという説がある。  毎年9月の中秋の名月のころ、一休寺において、日が落ちてから幕が開く一休寺薪能は、炎に照らし出された舞台に鼓や笛の音が響き渡り、まさに幽玄美の世界である。

スポットデータ

名 称 一休寺薪能(いっきゅうじたきぎのう)

本ウェブサイトに掲載されている写真・記事の無断転載を禁じます。


一般社団法人京田辺市観光協会

〒619-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3

観光情報の問合せ   電話 0774-68-2810 (京田辺市駅ナカ案内所) 【年末年始除く通年営業】

協会事務局への問合せ 電話 0774-68-2801 (京田辺市観光協会事務局)【年末年始・土日祝休】