浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (行事・体験) > 十三まいり

十三まいり(じゅうさんまいり)




数え歳で13歳になった子どもたちが、知恵や福徳を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣するならわしで、毎年4月13日になると市内外から大勢の親子連れが大住地域の虚空蔵谷にある虚空蔵堂へお参りする。この行事は、別名「知恵詣り」「知恵もらい」とも言い、空海が虚空蔵求聞持法によって、飛躍的に記憶力を増大させたことに由来していると言われている。住職が菩薩像に読経し、そのあと、手を合わせる子どもたちの頭に「智慧の水」をつけ、学業成就を祈願する。虚空蔵堂は、鎌倉時代に建立され、現在はお堂と虚空蔵菩薩だけが残っている。

スポットデータ

名 称 十三まいり(じゅうさんまいり)
電話番号 0774-62-3137(両讃寺)

本ウェブサイトに掲載されている写真・記事の無断転載を禁じます。


一般社団法人京田辺市観光協会

〒619-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3

観光情報の問合せ   電話 0774-68-2810 (京田辺市駅ナカ案内所) 【年末年始除く通年営業】

協会事務局への問合せ 電話 0774-68-2801 (京田辺市観光協会事務局)【年末年始・土日祝休】