浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (石碑) > 鉾立の杉

鉾立の杉(ほこだてのすぎ)




古くは松であったが、いつの頃からか杉に変わり、村人たちは注連縄を巡らし大切にしてきたという。現在は三代目の杉が植えられている。この付近は南鉾立といい、北約1.1キロメートルの北鉾立にある「鉾立の松」とともに、神功皇后がここを通過したときに鉾を立てかけた所と伝えられている。 この周辺には神功皇后に関する伝説が多く残っている。 鉾立の松・杉はそれぞれ興戸と田辺の境、興戸と高木の境にあり、かつての山陽道である街道沿いにそびえる姿は格好の目印になったことであろう。

スポットデータ

名 称 鉾立の杉(ほこだてのすぎ)

本ウェブサイトに掲載されている写真・記事の無断転載を禁じます。


一般社団法人京田辺市観光協会

〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3

観光情報の問合せ   電話 0774-68-2810 (京田辺市駅ナカ案内所) 【年末年始除く通年営業】

協会事務局への問合せ 電話 0774-68-2801 (京田辺市観光協会事務局)【年末年始・土日祝休】