浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット (石碑) > 鉾立の松

鉾立の松(ほこだてのまつ)




この地には昔から鉾立の松があり、俗に「はらまつ」と呼んでいたが、昭和20年代に枯死した。伝説では、この鉾立の松は神功皇后がここを通過したとき、行列の鉾が並んだ最後の地点であったという。先頭は、ここより南1.1キロメートルの地点に「鉾立の杉」があり「松」と「杉」の中間に「不違の池」がある。神功皇后の父は、息長宿禰王(おきながすくねおう)で、祖父は迦爾米雷(かにめいかづち)王で天王集落の朱智神社の祭神である。神功皇后の通過伝説は、ここから相楽郡にかけて多い。

スポットデータ

名 称 鉾立の松(ほこだてのまつ)

本ウェブサイトに掲載されている写真・記事の無断転載を禁じます。


一般社団法人京田辺市観光協会

〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3

観光情報の問合せ   電話 0774-68-2810 (京田辺市駅ナカ案内所) 【年末年始除く通年営業】

協会事務局への問合せ 電話 0774-68-2801 (京田辺市観光協会事務局)【年末年始・土日祝休】