浪漫いっぱい!京田辺市観光協会 京田辺道中記

トップページ > 京たなべ まるごと検索! > 観光スポット () > 大徳寺

大徳寺(だいとくじ)




元亀2(1571)年永春法印を中興開山として再興されたと伝えられる。もとは木津川畔にあったが川の氾濫により現在地に移り、村内安全の祈願場所として建立されたといわれる。ご本尊は、室町時代中頃につくられたとされる大日如来坐像。平成12(2000)年に市の文化財に指定された。明治時代初期、養福寺と合併し、不動明王像、大般若経などを当寺に移している。

スポットデータ

名 称 大徳寺(だいとくじ)
住 所 京都府京田辺市東西神屋63-1
アクセス バス「東」下車、すぐ

本ウェブサイトに掲載されている写真・記事の無断転載を禁じます。


一般社団法人京田辺市観光協会

〒619-0334 京都府京田辺市田辺中央4丁目3-3

観光情報の問合せ   電話 0774-68-2810 (京田辺市駅ナカ案内所) 【年末年始除く通年営業】

協会事務局への問合せ 電話 0774-68-2801 (京田辺市観光協会事務局)【年末年始・土日祝休】